フィラリアについて

 予防といっても感染を阻止するのではなく、体内に入ってきた虫が成虫になる前に駆虫薬で駆除するものです。
 駆除されないと三ヵ月後には虫も成虫となり子虫(ミクロフィラリア)を生み出します。


 | トップ | はじめに | 診察案内 | アクセス | 院内写真 | スタッフ | 急患の方へ | 
                                                                       PAGE UP

札幌市東区 東苗穂10条2丁目11-16        TEL 011-211-8188

 犬・猫・フェレットなどは感染した蚊に刺されるとフィラリア幼虫が体内に入ってきます。フィラリアに感染すると虫が体内で成長し、心臓や心臓近くの血管内に寄生します。
 犬では早い場合は2年、遅くても5年くらいで
心不全兆候が見られるようになります。また、急性の症状で突然死することもあります。
・ 猫・フェレットなど体の小さい動物では
少数の感染でもより重篤な症状が出てきます。
・成虫まで成長すると完治することが難しく、ほとんどの場合もとの心臓の状態には戻れません。(手術や副作用の強い薬など駆除)
飲み薬や滴下タイプのお薬で予防することが大切です。
 
フィラリア検査


  フィラリア














ソフトバンクの隣です
駐車場は共用




札幌市 東区 の 動物病院 です。モエレ沼公園へ続く道である モエレ公園通り(三角点通り)に面しています。