猫白血病・エイズと検査

 血液の検査で15分くらいで結果が出ます。一般の血液検査より多少費用がかかります。
 血液中の白血病ウイルス(FeLV)ではウイルス抗原を免疫不全ウイルス(FIV)では抗体を検出します。
 ただし、生後6か月までの間は正しい結果がでない可能性があります。また3ヶ月以内の感染も陰性と出ることがあります。

猫白血病ウイルス
 唾液、尿、涙液、母乳、血液そして胎盤を介して伝播しますので、猫ちゃん同士で仲良くグルーミングをしたり、同じ食器で食事・飲水したりでも感染します。持続感染すると80%が3年以内に死亡します。白血病やリンパ腫などの血液のガンを起こします。免疫力が下がるため他の病気・感染症も併発しやすくなります。感染してから発病までの期間は長くその間は見掛け上は健康にみえますが、ウイルスを排泄し、他の猫にうつします。
 成猫では、急性期の病気に耐え、ウイルスが排除されることがあります。この場合、感染は一過性で終結したと判定されます。ウイルス検査は感染から16週以内に陰転します。
 特に初回の陽性は、1ヶ月後に本当に陽性なのか確かめる必要があります。

猫免疫不全ウイルス
 猫ちゃん同士の喧嘩の際の咬傷で感染するウイルスで、一度、体内に侵入・感染するとウイルスを消失させる有効な治療法がありません。感染してから発病までの期間は長くその間は見掛け上は健康にみえますが、ウイルスを排泄し、他の猫にうつします。
 5年から10年で発症し、免疫力が下がるため他の病気・感染症も併発しやすくなります。口内炎、胃腸炎、鼻炎などがなかなか治らず、人間のエイズのような症状があらわれ死亡します。



 戻 る 猫エイズワクチン 


 | トップ | はじめに | 診察案内 | アクセス | 院内写真 | スタッフ | 急患の方へ | 
                                                                       PAGE UP

札幌市東区 東苗穂10条2丁目11-16        TEL 011-211-8188


 

 猫白血病・ エイズ検査
















ソフトバンクの隣です
駐車場は共用






札幌市 東区 の 動物病院 です。モエレ沼公園へ続く道である モエレ公園通り(三角点通り)に面しています。