犬のワクチン間隔          ワクチンで防ぐ病気 子犬のワクチン

 アメリカでの研究ではワクチン接種後の抗体維持率から2,3年に1度で良いとの報告はありますが、アメリカと日本ではワクチン接種率の違いもあります。
 ワクチンは伝染病にかからなくするものではなく抵抗力をつけてかかりにくくするものですので、流行時に多くの接触があれば、感染の可能性もあると思われます。
 また、犬の体質によっては十分免疫力が得られない場合があります。少なくとも2~3年に1度は、定期的に予防接種を受ける必要があります。
 レプトスピラについては1年でかなり効果が落ちますので、年1回の接種が必要です。病院によってはすでに混合ワクチンを2,3年に1度接種+レプトスピラワクチンを1年に1回というところもあります。
 現時点では、1年に1回の接種をおすすめしてます。

急性アレルギー

  重度だと喘息を起こしたり、血圧が低下し死亡するケースもあります。中等度だと顔がむくみ腫れるムーンフェイスや胃腸障害が起こる可能性があります。重い症状ほど注射後すぐに起きやすく、中等度や軽度だと少し時間が経ってから起こります。遅いと24時間くらいに症状が出ることもあります。
 アレルギー反応以外でも体に負荷がかかりますので、体調をくずし安くなります。接種後は激しい運動や移動、ストレス、シャンプー(1週間)はなるべく避け、よく様子を見ましょう。 続 き 


 | トップ | はじめに | 診察案内 | アクセス | 院内写真 | スタッフ | 急患の方へ | 
                                                                       PAGE UP

札幌市東区 東苗穂10条2丁目11-16        TEL 011-211-8188


 

 犬ワクチン














ソフトバンクの隣です
駐車場は共用




札幌市 東区 の 動物病院 です。モエレ沼公園へ続く道である モエレ公園通り(三角点通り)に面しています。